診療案内

TREATMENTS

当クリニックでは、ニキビ、湿疹、水虫、かぶれ、じんましんなどをはじめとした皮膚病一般はもちろん、アトピー性皮膚炎などのアレルギー関連などの治療も行っております。

「肌が痒いけど、原因が分からない」

「他の病院で薬を出してもらったけど、症状が変わらない」

などのお悩みもお気軽にご相談ください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、慢性的にかゆみを伴う皮膚炎です。皮膚が乾燥しがちで、湿疹ができやすい肌質(アトピー体質)を持つ方に、発症します。

顔など目立つ部分に湿疹ができることもあるため、本人や家族に精神的な負担がかかることもあります。

完治しにくい疾患ですが、適切な治療をきちんと受けることで、症状を抑えることができます。

アトピー性皮膚炎

水虫(白癬菌)

水虫とは、白癬菌というカビが皮膚に感染することで発症する疾患です。足だけでなく、頭や股などに発症する場合もあります。

ご家族や周囲の人にうつしてしまう可能性もある疾患ですので、早く適切な治療を開始することが必要です。

水虫

じんましん

突然、皮膚の一部が赤く・ブツブツと腫れあがり、時間が経過すると跡形なく消えてしまう症状です。

じんましん

ニキビ

にきびは90%の方が経験する身近な病気です。皮脂の多い部分にできやすく特に、顔に出来ることが多く、赤みが強ければ目立ち、放置すると痕が残りますので早めの治療をおすすめします。

ニキビ
 
 
 
 

湿疹

皮膚が過敏になり、さらに外からの刺激が加わりできることです。急性湿疹と慢性湿疹の2つがあります。

湿疹

かぶれ

接触皮膚炎ともいいます。

アレルギー反応や外的な物質の刺激により接触した皮膚にかゆみや水疱などの炎症が起こることです。

ピアス・化粧品・薬品などの要因が考えられます。

かぶれ

いぼ・水いぼ

ともにウイルスが皮膚に感染することで生じます。全身どこにでもできます。いぼは、大人も子供もできますが、水いぼはお子さんに多い病気です。

いぼ

帯状疱疹

帯状疱疹とは、水痘・帯状疱疹ウイルスというヘルペスウイルスの一種が引き起こす皮膚の病気です。

始めは皮膚に「ピリピリと痛い」「違和感がある」「かゆい」などの症状を感じます。その後、赤い斑点が帯状に出現(体の片側に一部分だけ現れることが多い)し、痛みを伴います。違和感を感じた場合は、早めに医療を機関を受診しましょう。

帯状疱疹

乾癬

典型的な症状として、皮膚から少し盛り上がった部分に赤い発疹ができ、その上に、鱗屑と呼ばれる銀白色のフケのようなものが付着し、ポロポロとはがれ落ちる皮膚の病気のことを言います。乾癬による発疹は全身に出ますが、皮膚がこすれる場所(肘・膝・腰のまわり・頭)に特に出やすいという特徴があります。

乾癬

ヘルペス

主に唇の周辺や顔面にできる水疱のことです。

単純ヘルペスと帯状ヘルペスの二種類があり、どちらも原因となるウイルスや症状は異なります。

ヘルペス

上記以外の症状、気になることがありましたら、ふるはし皮膚科クリニックにお気軽にご相談ください。